科目別の傾向と対策 その1宅建業法

宅建試験でメインとなる科目! 絶対落とせません

宅地建物取引業法(宅建業法)は、以下の項目から成っていて、宅地建物取引業(不動産業)の業務に直接関わる法律です。

宅地建物取引業法

  • 総則
  • 免許
  • 宅地建物取引士
  • 営業保証金
  • 保障協会
  • 業務
  • その他

上記のように、免許、宅地建物取引士、業務に関する規制等について定められていて、この科目からは毎年16問も出題されています。
ほかの科目に比べて出題数が多いですし、細かな部分を突いてくる問題も見受けられます。特に、免許基準、重要事項の説明、報酬額の制限などに関する項目からは、毎年繰り返し出題されているようです。

最近では、長文を使った事例形式の問題が多くて、一瞬ひるんでしまう人も多いでしょう。しかし、内容をよく読んでみると意外とやさしい問題がほとんどなので、宅建業法の科目で確実に得点できれば、合格へかなり近づけることは間違いありません。

<< 前のページ次のページ >>

>>本気で宅建を取得したい人はこちら!!<<